Title 理念浸透とはどういうことかを見た★

Date 2021.05.24
Category
Hashtag

先日の経営計画発表会の後に行われた懇親会。
社長からみんなへの感謝と労いとしてギフト(商品券)が渡されました。
その際、「自分や大切な人への笑顔創造に使ってください」という言葉を添えていました。
というのも、弊社の企業理念は「笑顔創造(お客様、パートナー、仲間の笑顔を創造する)」。
そして、「尊敬・素直・自責」を行動指針として掲げています。

後日、社長の言葉を「素直」を実行し、多忙な中で身近な人の「笑顔創造」に使ったと報告をしてくれた営業担当のKさん。
彼は社内のアニキ的存在で人望も厚い人物。
営業職ということもあり、オフィスにいることはほとんどありませんが、業務に困ったとき多くのスタッフがKさんを頼ります。
相談あらば出先であっても、話を聴いて、広い視野で最適な助言や解決策を与えてくれます。
毎回どうしてそんな深く読み取って答えを導けるのか?と感心します。
期待してた以上の答え、もしくはプラスアルファの答えを持っているKさん。
私たちはそんなKさんを紹介する際、
「プリンをオーダーしたら、相手の好みを先読みして、プリンアラモードを持ってこれる人」
なんて表現をすることもあります。

なぜ、プリンアラモードを持ってこれるのか?

それは、彼は入社以来10年以上、企業理念「笑顔創造」と向き合い、最も実践してきた人だからなのかもしれません。

さて、今回はKさんへのインタビュー形式で、弊社の理念がどんな風に浸透しているかをご紹介させていただきます。

ーーー今回ギフトカードはどのように使われましたか?
彼女とお寿司屋さんに行きました。
最近、彼女は転職して、やりたかった人事の仕事に就いたのですが、そのお祝いをかねて。
彼女は今の職場に勤めて半年くらいなので、仕事や人間関係など小さな悩みもあるようだったので、その話を聴きながら、自分の経験からアドバイスをしました。
本当は二人とも好きなお店があって、そこへ行くつもりでしたが、予約が取れず第二候補に落ち着きましたが、 予算はわずかに超えてしまいました(ToT)

ーーーやっぱりww。彼女さんのお話に耳を傾ける頼れるカレシなんだろうな、と思っていたので予想通りでした。
話は変わりますが、営業活動の状況について聞いてもいいですか?
もちろんです。
前期(17期)はブランディング関連の売上がWebサイト制作の売上を超えた初めての期でした。
経営戦略、営業戦略などを見直し、今のこの厳しい状況を打破しようと前向きに取り組むお客様からのご相談が増えたためです。
ビジョン、理念、戦略などをベースに、どう見られるべきか?など、企業価値を高めるお手伝いをしていました。
中には、ご相談内容が固まっていないお客様もいらっしゃいますが、しっかりお話を聞き、現状を理解し、お客様の代わりに情報を整理することに努めました。
そうした姿勢がお客様の信頼につながり、別のお客様をご紹介いただくなど、新たな出会いのきっかけ創りができました。
これはライオンハートが昔から大切にしてきた姿勢(笑顔創造)ですが、自分自身にもしみついているのだと思います。実際、お客様に喜んでいただいたり、ご紹介いただけると、自分たちがやってきたことが正しかったのだと再認識できますね。

ーーー仲間から頻繁にアドバイスを求められることが多いですが、どのような心持ちで対応しているんですか?
この1年でライオンハートには5名の新人さんが入社して来てくれました。
各部署で、先輩たちが新人さんの成長を支えます。
その先輩たちを支えて来た自分としては、彼らの教育方針の枷にならない様に見守りながら、気付くことは伝え、先回りできそうな事があれば教育が加速するように裏方に回って行動することを心がけています。
ここでも大事にしているのが、新人さんや彼らを教育する先輩たちからの声に耳を傾ける事
聴くことで人柄や、考え方、想いが理解できます。
その上で言葉を選択し、彼らが受取りやすい表現で伝えることを心がけています。これによって、お互いにスムーズなコミュニケーションがとれると思っています。

Kさんにインタビューして、理念浸透の高さを改めて感じました。
彼女さんや、Kさんを頼る相談者に対して最適なアドバイスを与えられるのは、「不安を消してその人らしく活躍して欲しい」というKさんの想いや、Kさん自身が多くの失敗と成功をしてきたからなのだと思います。
Kさんは入社してしばらくは営業の成果が全く上がらなかったり、その後も思うように成果が上がらず自身の営業スタイルに苦悩した時期もあったようです。
そうした経験がKさんの礎となり、相手の話を聴く力も培われたのかもしれません。
Kさんのような仲間が社内にいてくれるのは頼もしいですし、ライオンハートに居てくれてることに感謝ですね。

私もKさんに習って「尊敬・素直・自責」を胸に行動していこうと思います。
まずは素直に受け取って、素直に実践!