CEO MESSAGE

[Profile]
京都府亀岡市出身。代々、僧侶の家系に生まれる。関西大学文学部フランス語フランス文学科を卒業後、広告代理店、デザイン制作会社を経て、26歳で同僚だった現会長を含め4名で株式会社ライオンハートを創業。10年間、No.2のポジションを務め、創立10周年で社長交代し、代表取締役社長に就任。理念型経営を実践すべく愛知中小企業家同友会に所属し、会長職を歴任。近年は和合ロータリーに所属し、業界以外での活動範囲も広げている。
代表取締役社長 長澤功雄

今日1日を大切に生きる

私の信念は、世の中のお役に立つこと。
それは両親、そして先祖から受け継がれてきた「世のため、人のために生きる」という価値観を大切にしていくことでもあります。きっと僧侶の家系という自分自身のルーツに由来するのでしょう。
世の中とは、社会という広義であり、お客様や社員、そして目の前の誰かという狭義でもあります。
数年前に言葉にした人生理念「今ここに、まごころを尽くす」を持って、描いたビジョンストーリーに向かう時、この信念は大きな判断基準になっていくと感じています。経営者としてしっかりと利益が出ている状態をつくることは、世の中に必要とされ、世の中のお役に立っている状態と言えます。
仏教用語に「功徳」という言葉があり、善行を積むことによって、現世・来世に幸福をもたらすという意味です。世の中のお役に立つことを念じ、私は今日も1日を大切に生きていきます。

ロゴマークに込めた想いを実現する

精鋭ディレクターが集まりブランディング・エージェンシーとなったライオンハート。
顧客は東京・大阪を中心に全国に広がり、そしてアジアを皮切りに世界の市場に確かな一歩を踏み出しています。 お客様企業は時代の変化に応じて、存続し成長を続けていくために、自社の在り方を模索し(ブランディング)、自社の情報を社内外に発信し続けていく活動(マーケティング)をおこなっている。
我々はその活動を強烈に支援することで、お客様の成長をサポートし、我々だけでは成し得ない社会貢献を実現していきます。

Web制作会社として、中堅・中小企業の成長戦略をWebとITサービスで支え続けてきた経験とノウハウが、ブランディングとマーケティングのプロ集団となる土台となっています。
やがて年間数百ものプロジェクトが進行し、日本を代表する企業や海外企業からの依頼も多くなってくるでしょう。そのため、中長期ビジョンとしてはグループ連結で売上15億、経常利益5億を目標に掲げています。

グループの企業文化は「Let’s enjoy creating! Let’s enjoy life!」
本体のライオンハートは、勤勉さと好奇心、そして創業期より大切にしてきた「創意工夫」の精神を持つ優秀な社員が集まり、クリエイティブを必要とされるお客様、一人ではできない刺激的で面白い仕事をしたい求職者にとって、常に興味深い会社となっています。社長交代時に刷新したロゴマークに込めた想い(自分たちでもわからない広がりや可能性で、力を発揮することを期待される将来)がようやく実現しつつあります。
私は優秀な社員たちの能力が最大限発揮され、活躍するステージを事業活動を通じて提供しています。拡大をしても私の信念は変わらず、功徳を重ね、世の中のお役に立つことを念じ、今日1日を大切に生きていきます。