BRANDING ブランディング

What’s BRANDING?

BRANDING(ブランディング)は、
BRAND(ブランド)とING(進行形)でできた言葉です。
つまり、「BRAND(ブランド)をしているよ」ということなんですが・・・
これだと何のことかわかりませんので、まずはBRAND(ブランド)って何なのか?を考えることになります。

BRAND(ブランド)とは?

一発でわかる他社
(他者)との違い
特別な存在

私たちはBRAND(ブランド)について、
「一発でわかる他社(他者)との違い」と定義していますが、これは何も世界で唯一無二の存在を指しているわけではありません。
ほんの小さなコミュニティ、例えば友人の中で、あなたと分かる違いがあればそれで良いのです。
その違いは「◯◯さん」と呼ばれる名前でも、見た目でも何でもいいのです。
そういう意味では皆さん誰もが、友人にとってのBRAND(ブランド)と言えるのです。
こんな風に考えてみると、BRAND(ブランド)になるって難しいことじゃないでしょう?

BRAND(ブランド)を恋愛に例えてみると…

あなたには気になる人がいたとします。
そうですね…例えば、恋をしている状態を想像してみてください。
あなたはその人にとって「特別な存在になりたい!」と思いませんか?
思いを寄せる人にとってあなたが特別な存在になるということが、あなたがその人のBRAND(ブランド)になったということなのです。
ただし、ネガティブな意味で特別な存在になってしまうこともあるのですが…(涙)

ブランド(Brand)

私たちは「一発でわかる他社(他者)との違い=特別な存在」と定義しています。

BRANDING(ブランディング)とは?

ブランド構築のための

ある対象者にとって特別な存在(BRAND(ブランド))になるために行うこと(ING(進行形))、とりわけ戦略的な印象操作をBRANDING(ブランディング)と定義しています。
つまり、BRANDING(ブランディング)戦略とは、ある課題を改善するために、誰かにとってのBRAND(ブランド)になる戦略と言えます。
例えば、消費者にとって特別なBRAND(ブランド)になれば、いつも支持されて安定的な売上につながりますよね。
こうした「特別な存在」になるため、あらゆる顧客接点を駆使して、戦略的に印象を構築していくことが必要になってきます。

 

 

BRANDING(ブランディング)で意中の人を…

好きな人にとっての特別な存在になりたいと、その人の趣味趣向を調べたりして、一生懸命自分自身を演出した経験はありませんか?

試行錯誤、努力して、その対象者の好みに近づこうとするわけです。
言い換えると、「戦略的な印象操作」を行っているというわけなんです。
そして、それはまさにBRAND(ブランド)になるために行った行動、BRANDING(ブランディング)だったのです。

ブランディング(Branding)

私たちは「ブランド構築のための戦略的な印象操作」と定義しています。

まだまだ名古屋の中小企業でブランディングに取り組めている企業は少ないのが現状ですが、私たちは創業の地である名古屋から価値ある企業の成長を支援していきます。
それがBranding Agencyである当社の使命と考えています。
さて、「WHAT WE DO」では、ブランディングの印象構築の方法についてご紹介していきます。

  1. HOME
  2. ブランディング